📖 新着 男の簡単ダイエット方法

北島達也のアルティメット ダイエット マスタープログラム
北島達也のダイエット全般における理論と実技を解説した総合ダイエットプログラム



北島達也のアルティメット ダイエット ケトジェニックと腹筋の完全版プログラム

北島達也アルティメット ダイエット マスタープログラム

本北島達也のアルティメット ダイエット マスタープログラム 内容
プログラム内容は、
公式メルマガやYoutubeチャンネル及び検索で
もっともニーズが高くご要望が多かった
腹筋の正しいやり方」と「ダイエットプログラム」です。

本プログラムは、北島達也自身が約2ヵ月半実践してきた
ケトジェニックダイエットについての講義と
腹筋の実技指導を併せた完全版となります。

自社のメルマガで発表させていただいたところ、
1ヵ月で200本名以上の方がご購入してくださいました。

内容は、北島達也自身の実践記も交えておりますので
机上の空論一切無しの
北島自身の"リアルな活きたノウハウ"が学べる自信作です。



本北島達也のアルティメット ダイエット マスタープログラム 詳細

メモ北島達也のアルティメット ダイエット マスタープログラム メモ
◎発売日:2015/06/16

プレゼント北島達也のアルティメット ダイエット マスタープログラム 購入者特典プレゼント
1「ダイエット中にOK&NGな食材リスト」

北島達也のアルティメットダイエット・1.PNG
公式サイトはこちらから

北島達也のアルティメット ダイエット マスタープログラム
公式サイトはこちらから


発行者:株式会社秀虎

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエット

本糖質制限ダイエット データ
◎カロリー神話はハッキリ言ってウソで太る体を作る犯人は「糖質」
◎糖質との付き合い方を変えるだけで体型はガラリと変わる

本糖質制限で痩せる5つのメカニズム
1、肥満ホルモンが出ない
◎肥満ホルモンとはインスリンの事
◎インスリンは体に不可欠なホルモンだ余分な脂肪を体に溜め込む働きもある
◎インスリンが大量に分泌されるのは、糖質を食べて血糖が増えた時のみ。
◎たんぱく質や脂質をとってもインスリンはほとんど出ない

2、体脂肪が常に燃える体に
◎食物は体内でブドウ糖と脂肪酸の2つのルートでエネルギーに変わる
◎優先して使われるのはブドウ等で、大量の糖質を取ると脂肪酸が使いきれずに体に溜まってしまう
◎反対に糖質を抑えれば、体は脂肪酸を使うようになり体脂肪が常に燃える体質に変わる

3、基礎代謝量がアップする
◎ブドウ糖は必ずしも食事から摂取する必要はなく、肝臓でアミノ酸などを使い、体内で作る事が出来る
★これを「糖新生」と言う

◎糖質オフの食生活では、糖新生が増えるが、それには多くのエネルギーが必要になるので、
消費カロリーが増え基礎代謝が増える、と言う事になる

4、食事中もエネルギー消費
◎食事中に消費されてしまい、体内に吸収されないエネルギーを「特異動的作用(SDA)」と言う
◎割合は、糖質6%、脂質4%、たんぱく質30%とたんぱく質がもっとも多い。
◎糖質を抑え、たんぱく質が多い食事に変えれば、カロリー吸収量は減らす事が出来る

5、尿と呼吸でカロリー排出
◎脂肪酸を活発に使う体では余分な栄養は体脂肪にはならず血液中で脂肪酸になる
◎一部はケトン体というカロリーのある物質に変わり、増えすぎると尿や呼吸とともに体外へ排出される
◎余分なカロリーを捨てられるが、2、3、4に比べて少量

本糖質制限ダイエット 参考サイト
理想の体を作る60日間の筋トレダイエット 男性版 REBOL PERFECT DIET
発行者:株式会社SEOオンライン

男性ダイエット「リバウンドの本当の原因ってご存知ですか?」

理想の体を作る60日間の筋トレダイエット
男性版 REBOL PERFECT DIET


リバウンドの原因は食事制限と有酸素運動って本当?
リバウンドの本当の原因ってご存知ですか?
まず、ダイエットをしようとすると、
みなさん食事制限や運動などで体重を落とそうとしますよね。

しかし、その結果、本当に落としたい「脂肪」よりも先に、
代謝の高い「筋肉」の方を落としているのです。

何故なら、1g中に貯蔵されているカロリーは、
筋肉では4kcal。
対して脂肪では9kcal。

消費カロリーの方が摂取カロリーを上回る状況になれば、
体は磯餓状態と判断し、生命維持に都合のいい脂肪はなるべく使わないようにします。
よくダイエット本などでも紹介されている話なので御存知かもしれませんね。
いわゆる、「脂肪の溜め込み」です。

でも、その間も体は常に活動を行いますのでエネルギーが必要になります。
脂肪の変わりに「何が?」エネルギーの変わりになるかと言うと・・・そうです。
「筋肉」です。
脂肪の代わりに、エネルギー源として使われやすいのは、
代謝の高い筋肉です。

足りないエネルギーを筋肉から補いつつ、
エネルギー消費の高い筋肉を落とせるので、
生命維持にとって一石二鳥という訳です。

人は痩せたくて、体の脂肪を無くそうと食事を減らすのに、
実は逆効果を生んでいるのです。
リバウンドの原因の続きは

ダイエットが生み出す負のスパイラルとは
体重が落ちたからといって元の食生活に戻ったり、
運動をやめてしまったりすると筋肉が落ちているので
今まで以上に体重が増加しやすくなる・・・
それがリバウンドの正体です。

「ちょっとだけ」と軽い気持ちで始めたダイエットが、
体にとっては危機的な状況をもたらしているのです。
体は、以前の体重では生命維持に不足していると判断します。

そのうえ無理なダイエットで筋肉を落としているので、
代謝も落ち、以前より脂肪がつきやすくなってしまうのです。

やせ易い身体を作るには、
こうした「痩せるメカニズム」の知識も知っておいて損はないと言う事ですね。
ダイエットの方法を間違えると、
逆効果どころか最悪の泥沼に陥ってしまう危険性があるのです。

更に、「痩せるメカニズム」をご紹介しています。
(株式会社SEOオンラインさんのメールより)


理想の体を作る60日間の筋トレダイエット 男性版 REBOL PERFECT DIET 詳細
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。