📖 新着 男の簡単ダイエット方法

北島達也のアルティメット ダイエット マスタープログラム
北島達也のダイエット全般における理論と実技を解説した総合ダイエットプログラム



糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエット

本糖質制限ダイエット データ
◎カロリー神話はハッキリ言ってウソで太る体を作る犯人は「糖質」
◎糖質との付き合い方を変えるだけで体型はガラリと変わる

本糖質制限で痩せる5つのメカニズム
1、肥満ホルモンが出ない
◎肥満ホルモンとはインスリンの事
◎インスリンは体に不可欠なホルモンだ余分な脂肪を体に溜め込む働きもある
◎インスリンが大量に分泌されるのは、糖質を食べて血糖が増えた時のみ。
◎たんぱく質や脂質をとってもインスリンはほとんど出ない

2、体脂肪が常に燃える体に
◎食物は体内でブドウ糖と脂肪酸の2つのルートでエネルギーに変わる
◎優先して使われるのはブドウ等で、大量の糖質を取ると脂肪酸が使いきれずに体に溜まってしまう
◎反対に糖質を抑えれば、体は脂肪酸を使うようになり体脂肪が常に燃える体質に変わる

3、基礎代謝量がアップする
◎ブドウ糖は必ずしも食事から摂取する必要はなく、肝臓でアミノ酸などを使い、体内で作る事が出来る
★これを「糖新生」と言う

◎糖質オフの食生活では、糖新生が増えるが、それには多くのエネルギーが必要になるので、
消費カロリーが増え基礎代謝が増える、と言う事になる

4、食事中もエネルギー消費
◎食事中に消費されてしまい、体内に吸収されないエネルギーを「特異動的作用(SDA)」と言う
◎割合は、糖質6%、脂質4%、たんぱく質30%とたんぱく質がもっとも多い。
◎糖質を抑え、たんぱく質が多い食事に変えれば、カロリー吸収量は減らす事が出来る

5、尿と呼吸でカロリー排出
◎脂肪酸を活発に使う体では余分な栄養は体脂肪にはならず血液中で脂肪酸になる
◎一部はケトン体というカロリーのある物質に変わり、増えすぎると尿や呼吸とともに体外へ排出される
◎余分なカロリーを捨てられるが、2、3、4に比べて少量

本糖質制限ダイエット 参考サイト
理想の体を作る60日間の筋トレダイエット 男性版 REBOL PERFECT DIET
発行者:株式会社SEOオンライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック